2012年04月29日

しあわせなこと

まあるくなって ねこみたいに せなかをまるめて

なにを考えてるのかしら

青いお空をみたことを思い出してるのかしら

それとも、悲しかった時のことかしら

それとも、ここへきて、すぐに骨折したときのことかしら

『ママ いまが、とてもしあわせだから なにもかんがえてはいないの」

これからも ずっとずっと一緒


ニックネーム sonnybaba at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

あさごはん

あさ、おきたら

きみたちのために つくる あさごはん

だっていちにち にかいしか たべないんだもん

きっと おいしいものをたべたいよね

きざんだキャベツとげんまいとサーモン


たべたいというめをして ときには よだれを たらりと たらしながら

じっとすわってまってるから

えらいね

かんたんなことだけど

えらいね

そしてのこさず、もんくもいわないでたべてくれる

まずいときは、まずいぞとはいわない

ちゃんとのこすから、まずかったんだと、

じぶんをはんせいする

あしたは、もっとおいしい ごはんを きみたちのために

つくれたらいいな
ニックネーム sonnybaba at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

可愛い天使

IMG_2048_1.jpg
ニックネーム sonnybaba at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

IMG_1234.jpgIMG_2048_1.jpgIMG_2048_1.jpg
ニックネーム sonnybaba at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

朝おきて

朝起きて
飼い犬が猫のように、あくびした
外に出ると雨上がり
濡れた歩道に目をやる、ひまもなく
森のしずくが落ちる
ザッザッという音を聞いた
落ちた、しずくを葉っぱが受け止めたんだね
森に夏が近づいて
光の断片のところから
一気に太陽の光が
ほどけおちるように
幼い頃の気持ちと同じくらい、とびっきり自然




ニックネーム sonnybaba at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

小さないのち

小さな小さな
命が2つ
ここにおりて
ほんとに
汚れのない生き物は
見てるだけで
まぶしい
小さな小さな瞳はブルーに澄んでいて
じっと見るたびに
涙がこぼれ落ちてくる
小さな小さな
豆粒ほどの肉球は
やがて外の大地を踏みしめることができるのかな?






ニックネーム sonnybaba at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

チェチの夏

朝の照りつける太陽をまぶしそうに見ては
そっと目線をおろし
私の目を見る
きれいな肉球で夏の暑いアスファルトを歩く
太陽がまぶしくて、涙目になって
歩きながら,時折止まって,周りを見渡す
いつもの小さな林をぬけて
こもれび通りを通り,大きな森の近くになると
また,顔をあげて,もう帰るわと甘えた顔をしながら
私に目配せをする

「ほら耳をすましてごらん」
森で鳴いてる鳥たちが
顔にあたる風が
「秋はそこまで来てるよ」とささやいてるよ







ニックネーム sonnybaba at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

ずっと、、、

太陽って、こんなにも気持ちよくて、
目が痛くなるほど、まぶしいんだね
ずーと一緒だよ
ずーとお日様と
そして先輩猫とママとママの家族と
ニックネーム sonnybaba at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

春の日差しを受けながら
春のため息や
春の鼓動を聞いて
歩いてみたら
とりやねこや
いぬやひとや
みんなの優しい声が聞こえてきたよ



ニックネーム sonnybaba at 11:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

悲しみの天使

素直な真っ直ぐな心
汚れを知らない純真さ
人間の勝手な理由で
心を閉ざした天使は
今も笑う事を忘れた
悲しみの扉は幾つ明けてでも
素直に待つ事ができるのです


ニックネーム sonnybaba at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

チェチーリア

はじめて見た空はなんてきれいだったことでしょう!
お日様は目をあけてられないほど
まぶしかった?
毎日のお散歩道は
スキップしたくなるような可愛い小道
はじめて毛布にくるまれた時
私を生んでくれたママの
優しい匂いがしました
はじめてママに名前を呼ばれたら
瞳の奥が熱くなりました

ニックネーム sonnybaba at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

旅立ちの朝

悲しみは冷たい海に葬り去って
旅立ちの朝は
何故か一段と寒いのです。
優しくみんなで、見送ってくれます。
笑顔で送り出してくれます。
たくさんたくさん感謝をします。
13日から今日までの深い愛と感動を
そっと胸にしまいこみ
「ありがとう」と言いながら
ママとパパにありがとうのキスをします



ニックネーム sonnybaba at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

スプリング!

IMG_1234.jpgIMG_2048_1.jpgIMG_2048_1.jpg
チェチーリアが春風のようにやってきた
その風はほおに優しくて
みんなを元気にしてくれる
その風邪は草原のようにさわやかで
くもった気持ちを晴れやかにしてくれる
ずっと心地よく
ずっと穏やかに
青い緑の中をかけぬけ草原に輝く天使のように

ニックネーム sonnybaba at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

青い空

青い空をはじめて見た日
涙があふれて止まりませんでした。
悲しい現実を背負いながら
誰にも言わずに生きてきた
初めて青い空を見た日
空はそっとささやいてくれました
もうこれからは君の事、ずっと天上から見守るからねって
お日様もこうつぶやいてくれた
これからが君の人生さって
青い空は大好きな大好きな空色だった
外の匂いも大好きな野原の匂いがしました
青い空は私に羽をくださった
青い空はものすごい力で暗い地の底にいる私に不思議な力をくださいました

ニックネーム sonnybaba at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春になったらピクニック

春になったらピクニック
大好きなチキンをたくさんばっぐにつめこんで
大好きなくねくね道を歩こうね
鳥さん、鳥さん 遊ぼうよ
チェチーリアって唄ってよ!
チェチーリアって呼んでくださいな
3時のおやつはチェチーリアタルト
甘くて美味しいとろけそう
ママが腕をふるって焼いた
鳥さん鳥さん
少しだけ一緒に食べる?
3時のタルト
ニックネーム sonnybaba at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

ヒトピト天使

生まれたての小さな命
今は、ほやほやのほやほやのゆげもでるような生まれたて
1460日のぽっかり空いた空間で
それまでは羽を丸めたまま小さくなって地上に飛び立つのをじっと待っていました
はかなげだけど真がある
ずっとずっと続く
ずっとずっとぴとぴとだよ
ずっとずっとひとぴと ひとぴと ひとぴと
ニックネーム sonnybaba at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする